おすすめ記事

cosplay (63) iPhone (125) outlet (95) Windows10 (113) youtuber (45) おバカ (66) セキュリティ (31) ネット動画 (81) 夏休み (16) 格安旅行 (40) 自由研究 (12) 同人 (119) (29) 無料 (147) 目の保養 (60)

2017年8月9日

世界最小・水没対応の外付けSSDの重さは8gの切手サイズ


 高性能パソコンの記憶装置として使われるSSDが、厚さ2mm、重さ8gのサイズまでコンパクトになりました。しかも最先端の技術で、水没に強く、落としても壊れる心配なし。データの持ち運びはもちろん、増設ディスク代わりにしても便利です。

 最先端の実装技術(SiP)により、安心の耐水性、耐震性を備え、シンプルで洗練されたコンパクトなデザインを実現した、注目の最新ポータブルストレージデバイスです。 名刺、クレカサイズの1/2、切手サイズSSD。超薄2.2mm、超軽量8g、驚きのUSBドライブです。

 SSDは、ソリッドステートドライブ(SSD:Solid State Drive)の略称で、パソコンやスマートフォンに 使われている記憶装置として、現在の主流技術となっています。SSDは、ハードディスクドライブ(HDD) に比べて、処理速度(書き込み・読み込み速度)が高速、動作音が無く(静音)、耐衝撃性に優れる といったメリットがあります。また、USBメモリと違って、ハードディスクのようにパーティション分割などの設定が可能です。



 水没に強く、落としても壊れにくい設計となっています。水没はポータブルストレージデバイスの主なダメージの一つです。水をこぼしたり、水の中に落としたりすると、通常のデバイスはもう使えません。でも、本製品なら安心です。

立体視で何が見えるかな?

【立体視のやり方】
1.目の前30cm位に離し、遠くを見るように意識して、 絵の上の点を目の前5cm位まで近づけます。
2.点が4つに見える状態にします。 点が4つから3つになるところまで目を離していきます。
3.点が3つに見えるところで止め、しばらく目線を動かさずにいると立体物が浮き上がります。


 立体視により、近くの絵を見ながらも、遠くを見るような筋肉の動きを得られ 目の筋肉をストレッチでき、リラックスさせたり、視力回復も期待できます。

立体的な空気の流れを扇風機で作る


 縦に3つ並ぶ羽根が、お部屋全体に、立体的な空気の流れを生み出します。風量は、羽根ごとに個別で調整することができ、しまう時は、驚くほどスリム。メタルの質感とシンプルなデザインは、いろんなタイプのお部屋にマッチします。
 本体での操作はもちろん、リモコンを使っての遠隔操作も可能。その時々に合わせた風量調節をリモコンで簡単に行えます。

▼ 3つのファン搭載 扇風機


▼ さし絵スタジオ2 ダウンロード版
店頭価格 9,400円 → 【 バーゲンソフト特別価格 500円 】

ネット動画★取り放題

▼ B’s 動画レコーダー 3

店頭価格 3,980円 → 【 バーゲンソフト特別価格 】1,980円

パソコンの画面に映っているモノを録画できるソフトです。生放送も、市販DVDも、ネット動画も録画できます。